脱毛サロンと自己処理のメリットとデメリット

> > 自己処理VS脱毛サロン!それぞれのメリットとデメリット

ムダ毛の処理ならどっち?脱毛サロンと自宅で自己処理のメリットとデメリット

122 views

ムダ毛処理、と聞くとまず思い浮かべるのが「カミソリで剃る」ことですよね。その他にも毛抜きで抜くなどいろいろな方法がありますが、自宅で自己処理している人も多いと思います。

そんななかで、脱毛サロンで脱毛すると全然違うよ!と言われても、どんな点が違うのか、費用はどれくらい掛かるのかなど、わからないことだらけだと思います。

そこで、脱毛サロンと自宅での自己処理、それぞれのメリットとデメリットをピックアップしてみました。

ムダ毛を自己処理するメリットは簡単でお金がかからない事

ムダ毛の自己処理のメリットは、何と言っても自宅で好きな時にできる、お金が掛からない、処理したらすぐムダ毛がきれいになる事です。

使う道具はカミソリや毛抜き、家庭用脱毛器(除毛器)、電気シェーバーなど、ドラッグストアや家電量販店で手軽に手に入るものばかりですね。

ネットリサーチのティムスドライブによる複数回答可のアンケートでは、ワキのムダ毛処理をしている女性の6割がカミソリ、3割が毛抜きで処理しているという結果でした。

やはり手軽なだけに、カミソリや毛抜きが最もメジャーなムダ毛の処理方法になっているんですね。ただ、自己処理には大きなデメリットもあるんです。

セルフ脱毛は肌を傷つける大きなデメリットがある

まず、ムダ毛を根元まできれいに深ぞりしようと思ったら、肌の表面もカミソリで削ってしまうことになります。そうなると、肌は乾燥しやすくなったり、荒れてしまったり、紫外線にも弱くなりシミや色素沈着を起こしてしまう危険が高まります。

毛をせっかく剃り落としても、くすんで茶色いガサガサの肌になるのは嫌ですよね...。どうしても自己処理をするなら、深ぞりはできませんが肌を傷つけない電気シェーバーにすると良いでしょう。

そして、毛抜きや除毛器など、毛を抜き取ってしまうのも肌へのダメージがあるのでオススメできません。無理やり引っこ抜くことで、毛穴と皮膚、両方とも傷つけてしまいます。

さらに、毛を抜いた時にできた傷を治そうとした時、皮膚で毛穴を塞ぐ形になってしまい皮の下で毛が育ってしまう埋没毛という現象が起きるのも問題です。

埋没毛になると、ムダ毛が見えているのに皮膚の下なので処理できなかったり、皮膚の下で毛が原因の炎症が起きて、ニキビに似た毛嚢炎(もうのうえん)という症状を起こしてしまう事もあります。

また炎症で傷ついた肌はシミになりやすいため、毛を抜いた付近がシミになってしまうリスクも考えられます。

それだけでなく、毛を抜くとより太い毛が生えてきたり、同じ毛穴から2本以上の毛が生えてきたりする場合もあります。これは、傷ついた毛穴を再生する過程で起きる問題です。

このように、カミソリも肌を傷つけますが、毛抜きはもっと深刻なダメージを肌に与えるんですね。

脱毛サロンのメリットは肌に優しく、ムダ毛が生えてこなくなる事

脱毛サロンでの施術は具体的にどんな事をするのかというと、毛の黒い色に反応する光を当てて毛根の組織を破壊する方法で脱毛をします。この方法を光脱毛、もしくはフラッシュ脱毛と言います。

毛を一度剃った肌に脱毛マシンのヘッドを当て、光を照射して施術を進めていきます。

黒い色に反応する波長の光を使っているので、皮膚へのダメージは少なく、光を照射してから1〜3週間でムダ毛が抜けて一度きれいになります。

1ヶ月ほどでまたムダ毛が生えてくるので、頃合いを見てまた照射を行い、どんどんムダ毛を減らしていくんですね。

肌にダメージが少ないほかに、脱毛サロンのメリットは何といってもムダ毛自体が減ることです。

繰り返し施術を受けると、毛根が破壊されて毛は細く薄く、だんだん生えなくなってきます。最後には、自分で処理をしなくてもいいくらいツルツルになるんですね。

そうなると、ほとんどムダ毛は復活しなくなります。ムダ毛の悩みを根本的に解決してくれるのが、脱毛サロンの大きなメリットなんですね。

実は、フラッシュ脱毛と同じメカニズムで脱毛する家庭用脱毛器(ケノンなどが有名ですね)もありますが、何しろ自分で自分を脱毛するので、背中やデリケートゾーンなど手が届かなかったり見えにくい場所の脱毛がきれいにできない場合があります。

家庭用脱毛器は価格も数万円から十数万円と高価ですし、どうせ同じくらいの金額を払って脱毛するなら、プロのエステティシャンにきれいに仕上げてもらえる脱毛サロンのほうが何倍もメリットがあります。

脱毛サロンのデメリットは価格の高さ?

いままで自己処理で脱毛をしていた方にとって、脱毛サロンのデメリットといえばどうしても「値段が高い!」というイメージがあると思います。

たしかに数十万かかる脱毛のプランもあるにはありますが、ここ数年で脱毛サロンの料金はめっきり安くなったので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。

月額1万円以下から全身脱毛ができるサロンや、1,000円以下でワキ脱毛ができちゃったりと、いまお財布にあるお小遣いで行けちゃうのが最近の脱毛サロンなんです。

なので、リスクが高い自己処理をやめて、脱毛サロンを選ぶ人が年々増えているんですね。

ただ、脱毛サロンも激戦になっていて、かなりお得なキャンペーンなどを打ち出していることから、脱毛サロンによっては予約がなかなか取れない場合もあります。

これをデメリットと呼ぶかどうかは別として、もし通ってみたい場合は早めの予約が肝心です。

試してみて損はない脱毛サロンでの全身脱毛

カミソリや毛抜きは肌へのダメージが大きく、肌荒れや色素沈着の原因にもなり、ムダ毛はすぐに復活してしまう。

一方で脱毛サロンは肌へのダメージが少なく、ムダ毛の問題を根本から解決できて最近は料金もリーズナブルになったことを考えると、ムダ毛の処理は脱毛サロンに軍配があがります。

さらに、部分脱毛ではなく全身脱毛となれば、考える余地はなく脱毛サロンでの施術の圧勝となるでしょう。

脱毛サロンで、いま最も力を入れているのが全身脱毛のプランなんです。ですから、それぞれのサロンで熾烈な料金の引き下げ競争が起こり、月額で1万円以下、総額でも20万円以下で全身脱毛ができてしまう時代になったんです。

また、サロンで使用する脱毛マシンも年々高性能化していますので、自己処理をする場合と比べてスピードも早く、安全で、きれいな仕上がりの脱毛処理が期待できます。

「最初はワキ脱毛だけのつもりだったけど、途中で膝や顔、デリケートゾーンの脱毛もしたくなって、結局全身のほとんどの部位を脱毛したので最初から全身脱毛にしておいたほうがもっと安くて短期間で終わっていた」

という声が多く聞かれるように、いまは脱毛といえば全身脱毛が当たり前になっています。自己処理では到底カバーできない部位もしっかりとプロのエステティシャンの手で脱毛をしてもらえますから、アロハ!全身脱毛では脱毛サロンでの施術をおすすめしています。

脱毛サロンの心配事って?

「脱毛サロンはメリットがたくさんあって料金も安くなってきたのはわかったけど、いくつか心配な事もあるんだけど?」という人は、次のような点が該当するのではないでしょうか?

一番多いのは、しつこく勧誘されるんじゃないか?という点だと思います。

エステサロンといえば勧誘される、というイメージがなんとなく残っているようですが、いまは優良な脱毛サロンであればまずそういう事は無いでしょう。

それぞれの脱毛サロンの公式サイトでも「勧誘はしません」と宣言しているので、もししつこい勧誘があった場合はクレームに発展しかねません。

いまはネットが普及して誰もがなんらかのSNSを利用している時代ですから、少しでも強引な勧誘があった場合はあっという間に悪い口コミとして広がってしまうリスクがあります。

そうなると、脱毛サロンにとって1ミリもメリットはありませんから、しつこい勧誘はすっかり鳴りを潜め気持ち良く通えるようになりました。

※常識的な範囲で、追加のプランやケア用品の紹介を受ける事はありますが、必要がなければその旨を伝えるとしつこくされる事はありません

ですので、キャンペーンや割引のコースだからといって、高いプランに勧誘されるのでは?という心配をする事なく、堂々と施術を受けに行っても大丈夫です。

そしてもうひとつ、心配ごとで多いのが「脱毛サロンの施術って痛いの?」という点です。

先ほど、あえてデメリットのところに痛みに関する点を入れなかったのは、痛みの感じ方には個人差が大きいからです。

同じ脱毛マシンを使った施術でも、全然痛くない人もいれば痛かったという人もいます。

一般的には、輪ゴムで弾かれた程度の痛みと表現される事が多いのですが、デリケートゾーン周辺のVIOラインなどは、ほかの部位と比べて少し痛みが増します。

もっとも、脱毛サロンで使っている機材は出力を調整することができるので、痛みを感じる場合は「ちょっと痛いです...」と伝えれば、痛くない照射レベルまで下げてやさしく脱毛してくれます。

また、最新の脱毛マシンはさらに肌に優しくなって、一世代前の「輪ゴムで弾いた程度」のさらに半分から三分の一くらいの痛みしか感じなくなりましたので、ここまでくると施術時の痛みはほとんど無視できるレベルになったと言えるでしょう。

このように、いまは勧誘と痛みの心配はそれほど気にする事は無くなりました。

電気シェーバーはサロン脱毛する人も必須のアイテム

脱毛サロンに通う間隔は、脱毛サロンの施術方針や部位にもよりますが、一つの部位の施術間隔は2ヶ月に1回ほどの割合になります。

その間に生えてくるムダ毛は、電気シェーバーで処理するのがオススメです。怪我や肌荒れがあると光を照射できない場合もあるので、肌を傷つけない電気シェーバーは脱毛サロンに通う人の良きパートナーです。

これらは家電量販店などで手に入りますので、カミソリや毛抜きを使っていた人はまず電気シェーバーに切り替えてください。

深剃りが難しいという弱点はありますが、肌にやさしく替え刃などは特に頻繁に買い換えなくても使い続ける事ができるので、コスパの面でも優秀です。

結論!自己処理よりも脱毛サロンの方がメリットは大きい

いままでご紹介してきたように、自己処理はデメリットとなる点が多く、一方で脱毛サロンでの施術はメリットが大きいことがわかったと思います。

肌を傷つけるリスクがあり、自分では脱毛できない部位もあって仕上がりもムラが多くなる自己処理をこの先もずっと続けるか、それとも一時的に多少の出費はあるものの、専任のエステティシャンに自分が脱毛したい部位をきれいに施術してもらい、その先はムダ毛処理の煩わしさから解放されるか。

よく考えれば、どちらにメリットがあるかはもう明白ですよね?

あとは、どこの脱毛サロンを選べばいいのかという点だけだと思いますので、当サイト「アロハ!全身脱毛」で紹介している情報などを参考に、ぜひ自分にピッタリのサロンを見つけてください。