除毛クリームの効果は?メリットとデメリットを検証

> > 除毛クリームの効果は?メリットとデメリットを検証

除毛クリームって効果はあるの?なぜ脱毛サロンの方が結果的に良いと言われる?

82 views

ムダ毛の処理は自宅での自己処理、脱毛サロンによる施術のいずれかの方法を選ぶことになりますが、「脱毛サロンは高いから、多少手間でも自己処理で済まそう」と考える方も多いと思います。

カミソリでの自己処理は肌を傷つける可能性があり、見えにくい場所を処理するには危険です。でも、除毛クリームを使えば刃物じゃないから危険も少ないし、見えないところも安全に処理できるという理由で、脱毛サロンの殿堂読者の方でも除毛クリームを愛用している方は多いのではないでしょうか?

確かに、除毛クリームは一見安全そうに見えますが、思いがけないリスクも潜んでいます。

除毛クリームのリスクとは?

除毛クリームと一言に言っても、見えている毛を溶かすものと毛乳頭に働きかけるものとがありますが、どちらも同じ除毛クリームと表記されていますので、購入する時は間違えないようにする必要があります。一般的には見えている毛を処理するのが目的ですので、毛を溶かすタイプの除毛クリームを使います。

除毛クリームのメリットは、主要部位の施術で10万円以上する脱毛サロンに比べて、ひとつ数千円で購入できるというコスト面にあります。塗ってしばらくしたら洗い流すだけですから、スピーディで手間いらずですし、カミソリでの処理に比べるとまた生えてくるまでの期間が長い事もあげられます。

肌に傷が付く事ももちろんありませんし、剃り残しを防ぐことも出来ます。毛先が丸く溶けるため、再び生えてくる時に独特のチクチク感がないのも特徴です。

一方で、除毛クリームのデメリットは一回のコストは脱毛サロンより安いとは言っても、何回も使うことになるので一定期間使っていれば割と早い段階で数万円〜十数万円の商品代金が掛かってきます。

また、処理はスピーディですが、アフターケアをおろそかにすると毛嚢炎や埋没毛を起こす事もあります。何より、毛を溶かす程の薬剤を肌に塗布するので、肌刺激と負担が大きく、人によってはアレルギー反応が出る事もあります。

アルカリ性の薬剤を使い、タンパク質で出来ている毛を溶かす事になるため、肌への負担をゼロにすることはできません。肌への刺激を考慮して、除毛クリームを塗っていられる時間は決められています。これを守らないと肌トラブルに繋がるので、注意が必要です。

稀にアレルギーを起こすこともありますので、事前のパッチテストは欠かせません。健康な肌であれば多少の刺激を感じる程度で処理をすることが出来ますが、敏感肌や刺激に弱い肌の場合は悪化する可能性があります。

1週間もすればまた処理をしなければならないので、繰り返し肌にダメージを与えることになり、健康な肌も少しずつ弱ってきてしまいます。コストも1ヶ月に1つ使うとして計算すると、1年で3万円以上掛かります。

そう考えると、確かに数回の使用であればさほどコストも掛かりませんが、この先もずっと脱毛処理をしていくことを想定した場合は、年間で数万円の出費は覚悟しなければなりません。

脱毛サロンに通った場合のコストどれくらい?

では脱毛サロンの場合はどうでしょうか?例えば人気の全身脱毛の場合、料金が12万円〜20万円程度に設定されていて、意外と安く収まります。また、単体の部位であれば、ミュゼ・プラチナムの様に数百円で脱毛が出来るなど、価格的な差はほとんど無いというより、むしろ脱毛サロンの方が安く仕上がるケースも多く見られます。

施術を完了させてしまえば5年以上は自己処理の手間がなくなるだけでなく、また生えてきたとしても従来よりかなり毛の量も少なくなっていますので、その後の処理も非常に楽になります。

除毛クリームを仮に5年間使用し続けると単純計算でも15万円〜20万円ほどのコストになってしまいますので、それを考えると手間がかからない分、脱毛サロンに大きなメリットがあると言えるでしょう。

気になる施術中の肌への刺激も脱毛サロンはきちんと配慮されており、施術前・施術後のケアも勿論あります。独自の美肌トリートメントにこだわっているサロンでは「脱毛しながら美肌」を実現することもできます。

結論!長期的に考えるなら脱毛サロンの方がおすすめ!

脱毛処理をする度に肌にダメージを蓄積してしまう除毛クリームは、その点で少しリスクがあります。脱毛サロンは自己処理より一回のコストは掛かりますが、自己処理のリスクをほぼ無くすというメリットがあります。施術中の肌へのダメージの心配もほとんどありません。

こうした理由から、除毛クリームより、脱毛サロンの方がコスト面でも安全性でもずっとオススメだと言えます。

全身脱毛のお役立ち情報